ドイツ・イェーナ(Jena)散策

自然に近い生活の一コマ ♪

Top Page › イェーナと周辺の草花 › 292. 丘の下のクリスマスローズとムスカリ & 小川の畔のクリスマスローズとシラー・シベリカ
2019-04-14 (Sun)  00:00

292. 丘の下のクリスマスローズとムスカリ & 小川の畔のクリスマスローズとシラー・シベリカ

2019年4月1日(月)最高気温12℃。

ドイツ・イェーナ北のハイリゲンベルク(Heiligenberg)丘は標高218m。ゆっくりぐる~~っと回って違う道を下って歩いて行くと、丘の下にクリスマスローズが咲いています。人家が近いから誰かが植えた?それとも逸出???


DSC01230.jpg 

大抵は下を向いて咲いていますが、たまには少し上を向いて笑顔にっこり。


DSC01229.jpgレンテンローズ(キンポウゲ科クリスマスローズ属)Helleborus orientalis

すぐ近くにたくさん咲いているのはムスカリ。草丈15~30㎝。保護種。


DSC01204.jpg        ムスカリ・ネグレクツム(ユリ科/ヒシンス科ムスカリ属)Muscari neglectum

丘を下りて小川の畔に向かいます。


DSC01245.jpg 

青色シラー・シベリカの向こうに見える小川沿いのピンクの花は???


DSC01280.jpg シラー・シベリカ「シベリアの青い星」キジカクシ科シラー属Scilla siberica

何とこれもクリスマスローズ! こんな見えにくい所に植えるとはちょっと考えられません ・・・。


DSC01254.jpg 

ちょうど小川の水が乾いていたのでぐるりと回って下りて行って、下からズームアップで撮ってみました。


DSC01266.jpg レンテンローズ(キンポウゲ科クリスマスローズ属)Helleborus orientalis

原産地はトルコ、コーカサスとか。どんな道を通ってここにたどり着いたのか、ここがすっかり気に入って定着したもののようです。この近くの思いがけないところ数か所で見ましたよ。

イェーナ・ハイリゲンベルク (2019/04/01撮影)




<過去記事: コダチクリスマスローズが出ています>

288. 春の訪れを告げるセイヨウオキナグサ、コダチクリスマスローズ、シラー・シベリカ

https://jenasansaku.blog.fc2.com/blog-entry-291.html



関連記事
スポンサーサイト



最終更新日 : 2019-04-14

結構な種類の草花 * by 薩摩の旅人
春夏秋冬それぞれの草花の種類と数の集計をとったら面白いかもです。
それぞれの季節の花の「押し花」を作ってみても楽しいかもです。

あるいはそれらを年度ごとに画像でストック・整理してみてもいいかもです。
新たな気づきが生まれ、そこから違った切り口で面白い発見があるかもしれません。

長いスパンで定点観測したら新発見があるかもしれません。

No Subject * by ころりん
丘にあると言う事はクリスマスローズはその辺りの自生種と言う事なんですね。
ムスカリも。。
皆さんが庭花として紹介しているものがその辺にあるなんて素敵です!

気候もちょうど良いみたいで今の時期楽しく散策できますね。(^^)/

おはようございます!(^^)! * by ななちゃん
クリスマスローズが自然の中で・・・
こちらにお邪魔して驚く事は日本ではお店で苗物を買ってお庭で育てるお花が周辺の自然の中で元気に育っている事!
クリスマスローズもトルコが原産地!きっとシルクロードを通ってここ日本にたどり着いたんでしょうか!(^^)!

「ブロとも申請」再度お願いしましたので「承認」してください。
これで「最新記事」が表示されると良いのですが?

No Subject * by hazuki
Jenaだよりさん

クリスマスローズ、色が渋いですね。ひとむらで咲いていて、協調性というか一体感を感じさせる花です。

ムスカリはプチプチが愛らしい。土が肥えていて、日当たりがよいと背丈が低く咲くのでしょうか。

薩摩の旅人さんへ * by Jenaだより
この地方は可愛い草花の種類が多くてビックリです♪
ブログのおかげで思い出がたくさんできました。 
ブログ内検索でいろんな花・自然が呼び出せます (^^)/
今までのようなマイペース更新でこれからも続けたいと思っています。

Jenaだより">
ころりんさんへ * by Jenaだより
この記事のクリスマスローズもムスカリも野生化していますが、自生種じゃありません。
同じ丘の上に咲くコダチクリスマスローズ(保護種)は自生種・・・。
コダチクリスマスローズの過去記事を記事末に追加しました。
この記事の丘の下のクリスマスローズはこれまで見たことがあったのですが、
小川の畔に咲いているのは初見でした♪

ムスカリは、昔ワインぶどう栽培の土に混ざって地中海沿岸から運ばれてきたようです。
今では数が少なくなって保護種に指定されています。

これから散策の楽しい季節です(^^♪

Jenaだより">
ななちゃんへ * by Jenaだより
この辺りは自然の中でいろんな花が育つようです。
日本のクリスマスローズは飛行機に乗ってやってきたかもしれませんね (^_-)-☆

最新記事リンクは慣れるのに少し時間がかかっているようですね。
諦めずにマイペース!が私のモットーです♪

Jenaだより">
hazukiさんへ * by Jenaだより
もうひとつのコダチクリスマスローズはもっと色が渋いですよ。
記事末の過去記事をごらんくださいね♪
ムスカリの色とプチプチはぶどうを連想させるので、ドイツ語名「ブドウヒアシンス "Traubenhyazinthen"」と呼ばれています。
別の所で咲いているムスカリを見てみたら生育環境と花姿の違いがわかるかもしれませんね (・・?

Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

結構な種類の草花

春夏秋冬それぞれの草花の種類と数の集計をとったら面白いかもです。
それぞれの季節の花の「押し花」を作ってみても楽しいかもです。

あるいはそれらを年度ごとに画像でストック・整理してみてもいいかもです。
新たな気づきが生まれ、そこから違った切り口で面白い発見があるかもしれません。

長いスパンで定点観測したら新発見があるかもしれません。
2019-04-14-05:38 * 薩摩の旅人 [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

丘にあると言う事はクリスマスローズはその辺りの自生種と言う事なんですね。
ムスカリも。。
皆さんが庭花として紹介しているものがその辺にあるなんて素敵です!

気候もちょうど良いみたいで今の時期楽しく散策できますね。(^^)/
2019-04-14-06:29 * ころりん [ 編集 * 投稿 ]

おはようございます!(^^)!

クリスマスローズが自然の中で・・・
こちらにお邪魔して驚く事は日本ではお店で苗物を買ってお庭で育てるお花が周辺の自然の中で元気に育っている事!
クリスマスローズもトルコが原産地!きっとシルクロードを通ってここ日本にたどり着いたんでしょうか!(^^)!

「ブロとも申請」再度お願いしましたので「承認」してください。
これで「最新記事」が表示されると良いのですが?
2019-04-14-08:23 * ななちゃん [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

Jenaだよりさん

クリスマスローズ、色が渋いですね。ひとむらで咲いていて、協調性というか一体感を感じさせる花です。

ムスカリはプチプチが愛らしい。土が肥えていて、日当たりがよいと背丈が低く咲くのでしょうか。
2019-04-14-14:54 * hazuki [ 編集 * 投稿 ]

Jenaだより 薩摩の旅人さんへ

この地方は可愛い草花の種類が多くてビックリです♪
ブログのおかげで思い出がたくさんできました。 
ブログ内検索でいろんな花・自然が呼び出せます (^^)/
今までのようなマイペース更新でこれからも続けたいと思っています。
2019-04-14-15:24 * Jenaだより [ 編集 * 投稿 ]

Jenaだより ころりんさんへ

この記事のクリスマスローズもムスカリも野生化していますが、自生種じゃありません。
同じ丘の上に咲くコダチクリスマスローズ(保護種)は自生種・・・。
コダチクリスマスローズの過去記事を記事末に追加しました。
この記事の丘の下のクリスマスローズはこれまで見たことがあったのですが、
小川の畔に咲いているのは初見でした♪

ムスカリは、昔ワインぶどう栽培の土に混ざって地中海沿岸から運ばれてきたようです。
今では数が少なくなって保護種に指定されています。

これから散策の楽しい季節です(^^♪
2019-04-14-15:51 * Jenaだより [ 編集 * 投稿 ]

Jenaだより ななちゃんへ

この辺りは自然の中でいろんな花が育つようです。
日本のクリスマスローズは飛行機に乗ってやってきたかもしれませんね (^_-)-☆

最新記事リンクは慣れるのに少し時間がかかっているようですね。
諦めずにマイペース!が私のモットーです♪
2019-04-14-15:54 * Jenaだより [ 編集 * 投稿 ]

Jenaだより hazukiさんへ

もうひとつのコダチクリスマスローズはもっと色が渋いですよ。
記事末の過去記事をごらんくださいね♪
ムスカリの色とプチプチはぶどうを連想させるので、ドイツ語名「ブドウヒアシンス "Traubenhyazinthen"」と呼ばれています。
別の所で咲いているムスカリを見てみたら生育環境と花姿の違いがわかるかもしれませんね (・・?
2019-04-14-16:07 * Jenaだより [ 編集 * 投稿 ]